さぽろぐ

  暮らし・住まい  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2013年02月18日

4色石けんを作る~型だし&乾燥

いよいよ 石けんの型だしに入ります。

今回は「保温をしなかった石けん」と「保温をした石けん」を作ってます
保温をしなかった石けんは、保温だけではなく上にラップも掛けませんでした。
つまり 野ざらしです。 型出しは48時間後。



なにやら 白っぽくなってますね



シリコン型なので、ムニュっと取れてきます。
石けんはキレイにドーナッツの形になってますが、実はまだ柔らかいのですよ。
これが固い型を使うとなかなか出てこないので、とっても苦労して出すのですが
今はシリコン製の型がお安く手にはいるので便利になりました。

型から取りだして、カゴの中に並べ乾燥させます。
この乾燥期間を業界では「熟成」と呼んでます。



そしてこれが型だしから、1週間たった石けんです。
うがぁぁぁぁぁ 全体が白く粉を吹いてるぅ!!!

そうなんです。
型にラップ(フタ)をしなかったり、箱に入りなかったり
または、はやる気持ちを押さえきれなくて早めに型出しをすると
石けんは空気と仲良くなって、表面に「ソーダ灰」というものを作ってしまうのです。
ソーダ灰とは・・・・業界では粉石けんと同じものと言っており
このまま使っても特に支障はないのですが、見た目から誤解を受けたり
見た目が汚いので、出来るだけソーダ灰が出来ないよう心がけます。



ソーダ灰でこんなに白くなるのです (極端な例ですが)


出来ないように心がけるとは?
しっかり石鹸化する前に空気と結び付くと粉が出来るので
保温をして鹸化を促すことと、空気に出来るだけ晒さないことです。

保温しないなら、型にラップ(フタ)をしてあげること
鹸化に時間を要するので、型出しは1~2週間後でも良いくらいです。

保温する場合も私はラップ(フタ)をし、72時間くらいはそのまま箱に入れておきます。
型だしした後も、直ぐに乾燥させずに2~3日は箱に入れて
箱の中で表面を乾燥させてから、カゴに並べて熟成(乾燥)に入ります。
ですので熟成期間は6週間を取ります(私の場合はね)

※ カービングに使う場合は表面が白くてもどうせ削っちゃうので関係ないかも
※ 熟成期間を短くしてカービングすると、その後に白くなったり乾燥が不揃いで歪むかも

では、ちゃんと保温をしてラップをした石けんです。



保温箱に入れて72時間後に型だし、更に2日間箱に入れた後の1週間後です。
えーと・・・作ってから12日目と言うことですか・・・

ピンククレイは滑らかな色味に出来てますが
パプリカ・トマトパウダーは、元が粒子が粗いパウダーでしたので
ツブツブがあり、オレンジ系の色味になってます。
はっきりしない色ですが、これはこれで可愛いものです。σ(^◇^;)


他に石けんに使える着色剤や香りの素が石鹸材料店で売られてますので
それらを利用すれば、ある程度の色と持続する香りを付けることが出来ます。

これまでの説明にかなりの時間を要しましたが
材料さえ揃えば、作業自体は1時間程度の事です。

さあ 手作り石けんに挑戦してみましょう!


本格的に継続して作り始めるのなら、必ずテキスト本をちゃんと読んでからね (^_-)-☆

石けん作りの流れが「なるほど そうなのか」と分かった方はポチっとお願いします。
ポチッ ↓  ポチッ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カービングへ
にほんブログ村

手作り石けんのご注文は、現在既存のお客様以外はお受けしておりませんのでご了承下さい。  


Posted by 山羊 at 13:26石鹸の作り方

2013年02月11日

4色の石けんを作る~レッツ・シェイク!

週末の仕事(本業)で最後の追い込み、切手の在庫が少ない事に気が付いた!
仕方ない・・・10円切手を使って凌ぎました。

後から80円で良い1通に10円5枚と50円1枚貼って出した事を思い出した←バカです


では 石けん作りの続きです。

まず作業をするにあたっての準備です。
小さなお子さん、ペット(ニャンコ・ワンコ・放し飼いのハムスターフェレット等)
あと、手の掛かる夫は、同じお部屋には居させないで下さい。
どうしても無理なら、作業は夜中にしましょう。(ウロウロされて作業を中断しないように)

作業台に新聞紙1部を重ねたまま広げます。(調理台・食卓テーブルなど)
服装は、何かあっても諦められる服とエプロン ←私はどの服でも諦められるけど(笑)
劇物扱いの苛性ソーダを使いますので、マスク・ゴム手とゴーグルは自己責任で装着して下さい。
(私の経験上では装着した方が安全ですが、仕事が雑になる方も出現します)

1・オイルを計量する
  オリーブオイル(室温)405gと湯煎で溶かしたラード100gをペットボトルに量ります。
  小さな漏斗を使って入れるとデジタル秤のオートオフ機能が働き正確に量れなくなりますので
  自信のない方は、別容器(ボール・大きな紙コップ)にあらかじめ量ってボトルに移します。




2・苛性ソーダ水を作る
  紙コップ(大)2個を重ねて、水175gを量ります。
  水は精製水が望ましいですが、不味い程塩素が入ってない限り水道水でも大丈夫です。
  逆にミネラル成分が入った買う水は・・・うーん 硬水はダメです。



  続いて水の入った紙コップに、苛性ソーダをストロースプーンを使って
  掻き出しながら62gを入れます。



  苛性ソーダは空気中の水分を引き寄せて勝手に溶け出すので
  出し終わったら、容器のフタを速やかに閉めます。

  紙コップの底に苛性ソーダが固まってますので、まずストロースプーンで
  紙コップの底をザックリ混ぜて固まりをはがします。
  その後は、ストローの先を少し浮かせるようにしてゆっくり回します。
  苛性ソーダは水と相性が良く溶けますので、15秒くらい回す位で充分
  混ぜすぎると紙コップが溶け出してしまう事があるので注意!  
  
  苛性ソーダは溶けるときに熱を発し白く濁ります、そしてガスも発生します。
  このガスは喉を刺激しますので、紙コップの真上から覗き込まないことです。
  
  ※入れる順を逆に、苛性ソーダに水を入れると爆発したかのように
   瞬時に沸騰して水が吹き上がるので危険です!
  
  ※苛性ソーダ水は沸騰の手前まで熱くなります。
  ※かき混ぜすぎて紙コップが溶けてフワフワ浮いてきたら
   思い切ってキッチンやトイレに水と一緒に流し捨てましょう。


3・オイルと苛性ソーダを混ぜる
  紙コップの中の苛性ソーダ水の白い濁りが治まってきたら、ガスも出きった頃です。
  紙コップの端を折って注ぎ口を作り、オイルが入ったボトルにゆっくり注ぎます。



4・シェイクする
  ペットボトルのフタをきっちり閉めたら(フタが斜めに閉まってないか確認)



  上下にゆっくり振ってボトルの重さを確認して下さい。
  その後、おもいっきりボトルを振って、一気に撹拌します。(20秒くらい)
  (この時のペットボトルの温度は38~42度くらいになります。)
  撹拌の勢いを緩め(ボトルの上下に中身があたるように振る)
  2~3分振って1分休みを20~30分繰り返します。



5・色づけする(香りづけも)
  ペットボトルの中の石けん生地がドロっとしたら振るのをやめて
  色づけ作業をします。
  紙コップ(中)に色づけようの粉を入れます。



  そこに少量の石けん生地を入れストロースプーンでよく混ぜます。
  スプーン部分を押しつけて混ぜると底の隅々もキレイに混ざります。
  
  香りを付けたい場合は、ここでピュアエッセンシャルオイル(EO)を入れます。
  ピュアエッセンシャルオイルについて知識がない方は、ラベンダーがお勧めです。
  量はオイル総量500に対して20~30滴位  

  

  更にそれぞれの紙コップ石けん生地を足して良くかき混ぜます。

6・型に入れる
  好みの石けん型に石けん生地を流し入れます。
  型には事前に食用オイルをテッシュを使って塗っておくと、型離れが良くなります。
  シリコン型はもともと型離れが良いですが、バラ型など溝が細かい物や
  何度か使ってると型離れが悪くなってくるので、塗って置いた方がベスト



  石けん生地の入れ方は、ここは本当にお好みで
  単色でいれるのも良し 重ねてレイヤーも良し 混ぜてマーブルも良し です。

7・保温
  手作り石けんは通常保温作業がありますが、私の経験上では保温しなくても石けんは出来ます。
  熟成期間6週間を経た後の使い心地では、その違いはよく分かりません(pHを計っても)
  
  保温する場合
  ダンボール箱または発泡スチロール箱に、石けん型を入れます。
  この時に箱をトントンさせて石けん生地の気泡を抜きます。
  その後、石けん型にふんわりラップを被せて
  その周りにお湯を入れた(60℃位)ペットボトルを入れてフタを閉めます。
  冬ならダンボール箱は毛布でくるんだりします。夏場はペットボトルはいりません。
  24時間たったら箱のフタは空けて、空けたまま更に24~48時間放置



  保温しない場合
  石けん型の下に板か厚紙を敷いて、トントンして気泡抜きをします。
  箱形の型なら、下に敷かなくてもトントン出来ます。
  ラップをふんわり掛けて、子ども・ペットの手が届かないところに置きます。
  3日~2週間放置します。
  
8・後かたづけ
  使用済みの紙コップ類・新聞紙はそれぞれのゴミ分別方法にしたがって廃棄して下さい。
  ペットボトルだけはまだ捨てません!



  石けん生地の付いたペットボトルはフタを取ったまま、子どもやペット
  そして手の掛かる夫の手の届かないところに、4~6週間放置しておきます。
  その後はボトルに水を入れて1日置き、石けん水を作ります。
  この石けん水で食器を洗うのも良し、手を洗っても良し、洗濯に使っても良しです。


苛性ソーダについて
  しつこいようですが、これは劇物扱いの物です。
  とても危険・・・・ですが、扱いを間違えなければ危険はありません。
  手に付いたり服に付いたりすると、苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)は強アルカリですが
  酸性の強いトイレ洗剤や漂白剤が手に付いたり服についた時と同じような事になります。
  もしも の時はとにかく速やかに流水で洗い流して下さい。
  手に付いた場合は、洗った後にハンドクリームを付けるかオリーブオイルを塗りましょう。

  とにかく 慌てないこと!


事故が起きる時 (私の石けん教室での経験上の事)
  殆どが「過信」です。
  ゴム手をしてるからと慎重性が掛けてしまい、苛性ソーダをこぼす
  止める声も聞かずに、こぼした苛性ソーダをかき集めて衣服につける
  苛性ソーダが付いた手袋で、隣の人の肩をバンバン叩く(本人笑いながら)

  マスクをしてるから大丈夫と苛性ソーダ水の匂いを直接かいで咳き込む

  苛性ソーダをこぼした事に大あわてして、さらに本家のボトルを倒す など

  他には、本来石けんはケーキを作る道具と同じ器具で作るもので
  家族が味見をしようと指を伸ばしたところで発見・・・なんてことも
  
  作り手が気を付けていても、周りの人が何をしてるかも知らないと
  思いがけない事故が起きるので、充分に気を付けましょう。  

おまけ

パプリカの色づけがなかったので追加で作りました。



ついでにクロレラパウダーとトマトパウダーのも作りました。
緑色なら青汁の粉を少量の水で溶いて混ぜる
パウダーではなくトマトジュース(100%)を
石けん生地紙コップ8分目に対して大さじ1位を混ぜる など



石けん生地を追加したところです。



赤系を入れたり、色なしの生地とザックリ混ぜたり



最後に緑系を入れて、赤系・白・緑の三層にしてみても面白いかも



牛乳パックを利用した型は、こんなのがお勧めです。







さあ石けん作りはまだまだ続きますよ。次回は型出しからのお話です。


説明が長くて「石けん作りって面倒 な~んて思っちゃった」 って人はポチっと
ポチッ ↓  ポチッ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カービングへ
にほんブログ村

カービングに使う石けん作りを目指してるみな様へ

石けんに使える色剤はネットなどで色々売られてますが
初めての石けん作りでは、マイカ系の色剤ではなく
身近なもので色づけして欲しいです。
香りにしても本物をまず使ってみて下さい。

と言っても本物の持続には限りがあります。
時間が経てば色は抜けるし、香りも飛びます。
それらを実際に経験してから
色も香りも変化のない石けんを作っても遅くはありません。

肌に優しい石けんを目指してる 山羊より  


Posted by 山羊 at 01:41石鹸の作り方

2013年02月04日

4色の石けんを作る~材料を集めよう

最近はカービング界にも手作り石けんの波が来ているようなので
材料も道具も必要最低限で作る石けん作りを、あらためて紹介します。
入門編的なペットボトルを使う石けん作りです。

今週は材料を集めましょう!

石けん作りは材料を集めるのも大変で ←田舎住まいなもので
後かたづけも、ちょっと面倒なものです。 ←めんどくさがりな奴だから

今回は後かたづけの洗い物は極少なめで
道具もコンパクトにし、家にある物と100均のもの
そして、色づけはスーパーで調達と、グッと集めやすく
最終的な仕上がりは600g前後の石けんです。←腕力勝負かも
お色は素材色で、オフホワイト(色なし)・よもぎ色・ローズピンク・ちゃ色

材料と道具です。

材料  オリーブオイル 405g(エクストラ・ピュア・ポマスどれでも可) 
    ラード100g
    精製水 175g 
    苛性ソーダ62g (700円前後)

色材  ローズクレイ よもぎパウダー さらし餡パウダー 

道具  紙コップ5個(大2個・中3個) 
    ストロースプーン5~6本 (割り箸でも可)
    シリコン製の型(ハートとかケーキ型とか)
    
以上道具類は100均でも調達可能です。

そして 1リットルペットボトル1本(水用以外なら殆ど使える)    
 



ラードはココナッツオイルとパーム油の代わりに使います。
馬油を使った石けんのようになり、使い心地は良いですよ(個人的感想)





・白(オフホワイト)オリーブオイルの素材色です。
・ローズクレイで落ち着いたピンク色に
・よもぎの乾燥パウダーを使ってよもぎ石けんにします(お団子材料のところに有ります)
 ヨモギは後入れしても比較的変色しませんが、 抹茶の後入れは変色しやすいです。
・ちゃ色にはココアパウダーでも良いですが、アトピー息子が使えなかったので
 無難に小豆パウダーでちゃ色っぽくします。 (これもお団子材料売り場にあります)

植物素材での色付けは、万能ではありません。あたり前に退色します。
これらの良い点と言えば、何で出来ているの?と深く考えなくとも使えること
使い心地がツルツルになること(ただし素材に対してアレルギーのある方は使えません)

注:紫いもパウダーや赤系のハーブパウダー等の酸性で発色する物は変色するので使えません

色材は揃えられるものだけで大丈夫です。

あ゛っ しまった! 
ローズクレイはスーパーでは買えなかった! ごめん



スパイスのパプリカが使えます。オレンジっぽい色になるけど。



型は牛乳パックでも良いですが、100均でも製菓用のシリコン型が売られてるので
活用しましょう。ハート型やクグロフ型パウンド型など宜しいかと
レンジ用シリコンスチーマー鍋も大きな楕円石けんが出来ますよ~


材料と道具の中でハードルが高いのは苛性ソーダでしょうか
取り扱い薬局がまばらなので、電話等で確認してから出かけましょう。
劇物扱いなので印鑑が必ず必要です。

あったら良いなぁ的な保温用の道具
・保温に使う空きペットボトル500ml2本(水用以外) 
・保温箱にするダンボールまたは発砲スチロールの箱
 箱の大きさは石けん型とペットボトル2本が入るくらいのです。
 保温はしなくても石けんは出来ますが
 彫るまでのスタンスが保温するよりもちょっと必要です。


この材料なら集められるし出来そう と思ったらポチっとね
ポチッ ↓  ポチッ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カービングへ
にほんブログ村

来週材料が集まったら、一緒に石けんを作って行きましょう。  


Posted by 山羊 at 23:59石鹸の作り方

2006年02月20日

とりあえず石鹸を作ってみよう 「早い話が」

soap-hamusuta2.jpg
画像は製菓用(チョコ)の型を使ったものです


簡単に作ろうと言いながら かなり難しく語ってしまいましたが
やはり注意すべきところはキッチリと押さえて欲しいからです

では早い話が簡単に流れを言ってしまえば次の通りです

1.材料をきちんと計る
2.ペットボトルに水を入れ そこへ苛性ソーダを入れて溶かし水溶液を作る
3・ペットボトルにオイルを注ぎ きっちりフタをしめてシェイク
1分振って2分休みを繰り返し およそ30分くらい続ける
4.中身がドロっとしたら好みの型に入れて24時間待ちます
5.中が固まったら型から取りだしナイフでカットし
隙間を開けて風通しの良い場所で4〜6週間熟成させます
6.パッチテストで確かめてから石鹸を使用

となります

私はかなりアバウトにやってしまいますが そこは自己責任ということでお願いします


本格的にはじめる為にはボールや泡だて器を使用します
台所用と兼用はお薦め出来ないので新たに揃えていただく事になります
ですからペットボトルで石鹸を作るのは まず導入編と考えて下さい

そうそう 後始末を忘れてました
汚れたペットボトルはフタをせずにそのまま4週間放置して下さい
ボトルにこびり付いたまま石鹸になります
4週間たったらぬるま湯をボトルの3分の1くらい入れて
またもやシェイクすると石鹸水が出来上がります
お洗濯や樹脂の油汚れ、台所の油汚れに使ってみて下さい
面白い程汚れが取れますよ 
ファンデーションのスポンジもキレイになります

次回は本格的な石鹸の作り方をUPしますね  


Posted by 山羊 at 13:12石鹸の作り方

2006年02月20日

とりあえず石鹸を作ってみよう その8

soap-13.jpg

8.熟成完了 
6週間がたち熟成完了 さあ手作り石鹸の解禁です
まずパッチテストからです  最初は手を洗ってみましょう 
その後 腕の柔らかな肌も洗って1日様子を見てください
何も異常がなければ そのまま使用して構いません
しかし最終的には自己管理と自己責任の元で使用下さい  続きを読む


Posted by 山羊 at 12:37石鹸の作り方

2006年02月20日

とりあえず石鹸を作ってみよう その7

soap-7.jpg

7.手に持った時に丁度良い大きさにカットします

外側は固いのに中がまだ柔らかい場合はもう1〜2日置いて中もある程度固くなってからカットしてください

8.熟成 少し隙間を作って立てて 4〜6週間ほど熟成させます
熟成中の保管場所は風通しの良い部屋が良いでしょう
石鹸に直射日光が当たらないように注意して下さい

その8へ続く  


Posted by 山羊 at 12:25石鹸の作り方

2006年02月20日

とりあえず石鹸を作ってみよう その6

soap-6.jpg

6.型だし 24時間たつと容器の中は固まってます 筒状のお菓子型は容器を破いて取り出し 紙コップ・タッパ・ヨーグルトカップなどは逆さにしてトントンと叩き出します
もしまだ柔らかくて出てこない場合は更に2〜6日ほどそのままにして固まるのを待って取り出します
どうしても出せない時は冷凍庫に2時間ほど凍らせてから 無理矢理出してください

さあ いよいよ石鹸と言える形になりました

取り出した石鹸は上部が白く粉が吹く場合がありますが
これは鹸化している間の温度によるもものではないかと言われてます
温度が低いと粉が付く場合が多いですね。石鹸が粉状に変化した物ですので使用上は問題ありません
米油を使用した場合は表面がうっすらと白くなる程度
画像はオリーブオイル使用の物ですので沢山粉が吹いてます

上になっていた部分だけが白くて 他は白っぽい象牙色

※ 石鹸はまだアルカリが強い状態ですので 
まだ素手ではさわらないで下さい
必ずゴムかポリの手袋を使用してくだい

その7へ続く  


Posted by 山羊 at 12:07石鹸の作り方

2006年02月19日

とりあえず石鹸を作ってみよう その5

soap-5.jpg

5.型入れ 型は画像では筒状のお菓子の空き箱を利用しましたが (ポテチのプリングスがお薦め)
紙コップ・タッパ・ヨーグルトカップなどが利用できます
大きさとしては最低でも400ml以上の容器を用意して下さい

型に流し込み、フタをするかまたはラップをします。 
このまま24時間放置 出来れば室温は20度以上が望ましいです

※小さなお子さんがいる家庭では手の届かない場所に置くようにしてください
お菓子の容器を利用した場合は中身を誤って口にしないよう注意
してください

その6へ続く  


Posted by 山羊 at 12:00石鹸の作り方

2006年02月19日

とりあえず石鹸を作ってみよう その4

soap-4.jpg

4.ペットボトルですのでトレースを確認するのは難しいですが
米油は比較的早くトレースが出やすい性質ですので1時間シェイクして30分ほど休めて中で分離しなければ終了して構いません

画像はシェイクが終了したとろです
ペットボトルは1000mlのを使用して 実はオイルはオリーブオイルを使用してます  続きを読む


Posted by 山羊 at 11:48石鹸の作り方

2006年02月18日

とりあえず石鹸を作ってみよう その3

soap-3.jpg

3.ペットボトルのフタをしっかり閉め 更にポリ袋を被せゴムで止めます
これは安全性を考えてフタが緩んでしまったらの事を想定してポリ袋を被せています

化学反応の途中の過程になりますから液漏れは危険ですのでこの作業を怠ってはいけません
輪ゴムでしっかり止めたら、ペットボトルを上下に
約30分ほどシェイクします。シェイクの方法は
1分シェイクして2分休み また1分シェイク2分休み これをくり返します
中の液体がドロっとし トレースが出てきたらシェイクは終了 
トレースとは石鹸作りの用語で のの字が書ける程度という意味です

その日の気温や室温によりトレースが出るまでの時間は20分〜1時間の場合や
油脂の種類や組み合わせによっては24時間かかる場合もあります

その4へ続く  


Posted by 山羊 at 11:42石鹸の作り方

2006年02月17日

とりあえず石鹸を作ってみよう その2

soap-2.jpg

1.ペットボトルに水を入れ 苛性ソーダを漏斗を使って
水の入ったペットボトルに少しずつ入れていきます

★逆の行程 苛性ソーダに水を注ぐのは危険です
苛性ソーダは水に反応すると温度が上昇し水溶液は沸騰します
(ボトルの底で瞬時に沸騰しますから 絶対やっては行けません)
ペットボトルを軽く回すようにして苛性ソーダをよく溶かします
中の水溶液は熱くなり、溶けるときに若干ガス(喉に刺激)も発生させるので
ガスを直接吸い込まないよう注意が必要です 
必ず換気の良い場所で作業して下さい
広い部屋や窓のある場所または換気扇を廻しながらが良いでしょう  続きを読む


Posted by 山羊 at 11:33石鹸の作り方

2006年02月17日

とりあえず石鹸を作ってみよう その1

soap-1.jpg

石鹸って本当に簡単に出来るの?
道具とか面倒じゃないの?
薬品は恐くないの?

石鹸作りに興味はあるけれど 
ちょっと躊躇してる あなたへ

石鹸作りは簡単ですが実は作れば作る程欲が出て
だんだん奥が深い物になっていきます
でも最初から欲を出さなければ
ホントはとっても単純な作り方なんです

まず 取りあえず石鹸を作ってみましょう

作る石鹸 米100石鹸 (オリーブ100石鹸でも可)

作り方 コールドプロセス製法 約90%を鹸化
     熱を加えずに作る方法で、使用する油脂の内、鹸化(石鹸化)させるのを9割に抑えます

材料    続きを読む


Posted by 山羊 at 11:11石鹸の作り方