さぽろぐ

  暮らし・住まい  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2009年12月13日

カービングのグラスキャンドル



グラスにキャンドルカービングをあしらってみました。

結婚式の披露宴などに良いかも

でも・・・・沢山は作るのは飽きっぽい私には無理! Σ( ̄▼ ̄;)


実はこれ スイカのキャンドルのなれの果てです。 (笑)

果肉の赤と皮のグリーンの2層で作ってみたのですが
途中で大事なことを思い出しました。
それは・・・・・  続きを読む


Posted by 山羊 at 06:00キャンドルカービング

2009年11月18日

山羊さんのカービング用キャンドル作り その3

その2の続きです。

レシピ4を彫ってみました。 
やっと最初のキャンドルに近づきました。
しか~し どうも納得出来ません。 
と言うのも市販キャンドルが40%というのが解せません。

もしかして キャンドル自体の内容が違うのかも・・・・
確かにパープルのキャンドルは昨年の頂き物でちょっと別格だったんですよね。

もう一度始めに戻って、同じキャンドルで確かめたいと思います。



このキャンドルは色違いですが最初の物と同じで、全体で約80gありました。
それに対して、融点の高い物質は約40gと同じものを使いました。

結果・・・・半球型で3個(1個40g)出来あがり  続きを読む


Posted by 山羊 at 19:32キャンドルカービング

2009年11月14日

山羊さんのカービング用キャンドル作り その2

最初に作ったカービング用キャンドルは、ビギナーズラックと言うべきか
比較的良い出来だったにもかかわらず計量を怠ったため、振り出しに戻ります。

半球型キャンドル出来上がり寸法
高さ3.5センチ 底辺5.5センチ 重さ約40g

2回目である今回はもう少しローコストを目指してみました。

レシピ 市販キャドル75%
     通常のワックスより融点の高いもの 25%

固いです。ナイフを真っ直ぐ立てて線を引くと、白く盛り上がってきます。
これは断念 このまま溶かして3回目へ

3回目 レシピ
市販キャンドル50% 融点の高いもの50%



結果・・・・やはり最初のよりも粘りがなく、崩れやすいです。
全体にカービングクズがついてます。特にレースの穴の部分に注目
柔らかいのですが、粘りがないため穴を開けた時に、下にめり込まず上に盛り上がってしまいます。
石鹸でも柔らかいのに綺麗に彫れないって石鹸ありますよね。あんな感じかな

えっ それは粘りのせいじゃなくて 腕の問題?・・・・はははははははっ

まあ 今はそれはおいといて 次は燃焼実験です。   続きを読む


Posted by 山羊 at 15:24キャンドルカービング

2009年11月12日

山羊さんのカービング用キャンドル作り

今日はお天気も良くて 窓からの日射しで・・・眠いです。 ←こらっ

それでも夜は氷点下続きの北海道なので寒い
こんなに寒いと、つい火の気が欲しくなりまして

そうだ!!寒いからキャンドルカービングをしよう!! と思い立ちました。


【山羊さんのカービング用キャンドルをカービングしてみました。】


さっそくキャンドルを仕入れてきまして・・・・
もちろん普通のキャンドルでは固くて彫れないことくらい承知してます。

まず彫りやすいキャンドルに加工するところから始まります。
えっ 出来るの?って (笑)
お菓子作り・石けん作り・手作りコスメ・キャンドル作り
実はこれらの道具や工程は結構共通してる物があるんです。
特に石けん・コスメ・キャンドルは材料にも共通点があるので
材料は同じお店で揃えられたりします。
もちろんそれぞれ用途が違うので、専用で区別はされてますが。

でも専門店でわざわざ材料を調達すると、北海道は送料がかかりコストが高く付くので
手持ちの材料でなんとかしようと考えました。

さて、キャンドルの材料名を確認すると、パラフィン(石ろう)とあります。
これに何かを加えて柔らかいキャンドルにしようと目論んでいます。
まずパラフィンの融点を考えまして、これより低いものを混ぜれば・・・・
と言うわけで、賞味期限切れのひまわり油を混ぜてみました。

えっ 液状のひまわり油に融点ってあるの?という疑問は置いといて ←もしもし



会社のストーブの上を活用 (この方法はちょっと危ないですが)
パラフィンは気化して引火の恐れがあるので直火は厳禁
本来ならホットプレートかIH調理器が宜しいかと

では さっそく柔らかさを確認しましょう・・・・  続きを読む


Posted by 山羊 at 15:58キャンドルカービング