さぽろぐ

  暮らし・住まい  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2017年10月13日

生徒さんへのお知らせ「ナイフに関して」

【ナイフ拭き】
以前から生徒さんたちに、私が使ってるナイフ拭きの事を聞かれていたのですが
キャンドウでも売ってるのを発見しましたので改めて紹介します。

ナイフにベットリこびり付いた石鹸でも一瞬でキレイにふき取れます。



見ての通り、食器洗い用のスポンジ (^o^)
片面がモシャモシャでもう片側がマイクロファイバーになってます。
中のスポンジが邪魔なので端っこを切って取り出し
出来ましたら、また縫って閉じて下さい。

しつこく付いてる石鹸はモシャモシャの面で
うっすらとならマイクロファイバー面でも取れます

キャンドルカービングの場合、柔らかすぎたキャンドルや
マイクロワックスを配合した場合など、ベットリ付いてしまいます
その時もモシャモシャの方ですっきり取れますよ

タオルハンカチを使うより快適にふき取れますが
鼻や喉などの気管が弱い人にはお勧めしません
タオルハンカチでも同じですが、使った後そままにして乾燥すると
モシャモシャ面でふき取った石鹸の粉が確実に落ちます。

セリアとキャンドウの台所スポンジ売り場にあります
以前は布巾タイプもありましたが、最近は見かけなくなりました。


【ナイフ】
これも最近になってから、生徒さんからの報告が寄せられています。
古典ナイフを使っていたら、刃の部分がぐらついてきたとのことです。
処置的には、接着剤(100均はダメ)を流し込み固定するように伝え
使用方法も石鹸を切り分けたり、大きくカットするときは
古典ナイフは使わずに、果物ナイフや初心者用ナイフを使うことです。
(用意してない方や面倒でって方、結構いるんですよ~)

調べてみたら、古典ナイフには同じように見えますが
作りが違うタイプがあるのが分かりました。



左右のナイフの刃の付け根に注目してください。
刃を差し込んでるところの切り込みの深さが違います
ぐらついてきたと報告があったのは、左の深い切り込みになってるのです。
見ても分かるように、切り込みが深いとぐらつきやすいですので
この部分にはお手入れ用のオイルが染み込まないようにしましょう。
(水洗いした後にオイルを付けて置く場合)
先に隙間に接着剤を流し込んで埋めるのもひとつの案です。

またナイフの使用方法にも充分考察してみましょう
歯を食いしばりながら力を入れて切っていませんか?
刃だけの力で切っていませんか?
常にナイフがしなるほど押しつけて切っていませんか?
ナイフに負担をかけないように使用するのには
石鹸を回しながら、ナイフの適切な角度
そして刃を研いでナイフが良く切れる状態にしましょう。

修理に出す・・・・・と言うのもひとつの手かも知れませんが
(私のところでは修理の橋渡しは行っておりません)
タイへのやりとりと金額を考えたら、新しいナイフを購入する事をお勧めします。

ソープ用だからといって、研がずに使ってる方が多いのですが
ケガをしない為、手に負担をかけない為にも
砥石やサンドペーパーを使ってよく切れるようにしましょう。





「少し参考になったかも」と感じましたら、ポチっと お願いします。
ポチッ↓ ポチッ↓

にほんブログ村
カービングのバナーをクリックするとブログ村のランキングに投票されます。
札幌のフルーツカービング教室 札幌のソープカービング教室 旭川のフルーツ・ソープカービング教室
札幌 旭川 岩見沢 美唄 奈井江 砂川 滝川 深川 教室開講中