さぽろぐ

  暮らし・住まい  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2017年11月27日

たぶん今年最後の単発講座(バック編)

24日金曜日は、滝川市のリブラーン講座最終日でした。

ダリアのフレーム飾り、コスモスのアレンジメントに続いて
最後はプチベリィのいちごバック+αを作りました。



三角刀を使ってカゴ編み模様のバックです。
このテキストを作った時は夏限定のつもりでしたが
あちこちで内容を決める相談の時に「絶対これが良いです」が続出し
結局、初冬の季節にもカゴ編みバックをしてしまいました。

うーん この季節なら 「ツリー!」って
リクエストされると思ってたんですけどね(^_^;)



+αは白い石鹸を使っての・・・平編みバックかな(笑)
シーズン最後なので、デコは好きなだけ盛ってくださいって事で
時間いっぱいまで悩み抜いてデコってくれました。

本当に今年はどれだけカゴ編みバックを作って頂いたことか
プチベリィの注文は2週毎に入れ続けてました。

いちごミルクの香りが続いていたせいか
今年はイチゴを全然食べたいと思わなかったかも

な~んて書いていたら、イチゴカツゲンは飲みたくなってきたぞっ!

ゴキュゴキュゴキュっ ←いっき飲みの妄想ふくむ


注:カツゲンは北海道の乳酸飲料で、イチゴカツゲンは季節限定の品


「イチゴカツゲン!」に、ポチっと お願いします。
ポチッ↓ ポチッ↓

にほんブログ村
カービングのバナーをクリックするとブログ村のランキングに投票されます。
札幌のフルーツカービング教室 札幌のソープカービング教室 旭川のフルーツ・ソープカービング教室
札幌 旭川 岩見沢 美唄 奈井江 砂川 滝川 深川 教室開講中


  


Posted by 山羊 at 17:19Comments(0)ソープカービング

2017年11月25日

クリスマスツリー(初級)

お菓子のほんだ美唄店でのカービング教室
11月はクリスマスツリーをカービングしました。

お友達やご近所さんへにも作ってあげたい!を目指したツリーです。



彫刻刀のツリーだと、移動中にポキって事が心配だし
北国の雪が積もったツリーも現したいと言うことで
このスタイルにしました。



フォトフレームにクリスマスっぽい絵を入れてしまえば
もう そのもの (笑)



材料は飾りが映える白い石鹸! ←何処にでもある
器はフォトフレーム・クリスマスカードや包装紙など ←これも100均へGO
飾りはキラキラが入ったグリッター糊を使いました。
これはダイソーの商品ですが、セリアにも5色入りであります。
ツリーの縁取りをして、珠飾りはチョンっくらいが適当
盛りすぎると乾くまでの間に流れてくるので盛りすぎ注意です。
グリッター糊は乾燥すると石鹸からペリっと剥がすことが出来るので
失敗したら翌日に剥がしてやり直しも出来ます。
せっかちさんは、ナイフでこそぎ落としてやり直しも。
糊の色によっては石鹸に色写りすることもありますが
頑丈な枝ですから、色写りをナイフで削れば大丈夫です。

フレームとの接着はクッション付きの(厚地)両面テープです。
剥がれ落ちが心配な時は平らな画鋲と組ませると良いでしょう。


こちらはグリッター糊とネイル用ストーン?との併用です。



ネイル用ストーンは球体ではないので、ピンセットでは大変です
そこで、やはり専用道具を使うのが便利ですね。



100均で売ってるストーンキャッチャーです。
白い色鉛筆のように見えますが、芯は柔らかいシリコン・・かな
これに極小のストーンやペラペラのチップ?をチョンと着けるとくっついて
予め接着剤を置いたところにチョンと簡単に置くことが出来ます。
老眼と短気気味の私にはかなり嬉しい道具です(笑)
セリア・ダイソーのネイルコーナーにありま~す。
どちらが良いかというと・・・・難しいなぁ
セリアの商品は、着きが良く使いやすくキャップもついてます
でも先が柔らかいので減るのが早い、だけどシャープナーはついてない。
しかもダイソーから見ると短い。
ダイソーの商品は、セリアから見ると固めで着きは・・・まあまあかな
でもキャップはついてない、けどシャープナーは2種なんですね。

クリスマスツリー 沢山作ってバラ巻きプレゼントに!


「少し参考になったかも」と感じましたら、ポチっと お願いします。
ポチッ↓ ポチッ↓

にほんブログ村
カービングのバナーをクリックするとブログ村のランキングに投票されます。
札幌のフルーツカービング教室 札幌のソープカービング教室 旭川のフルーツ・ソープカービング教室
札幌 旭川 岩見沢 美唄 奈井江 砂川 滝川 深川 教室開講中







  


Posted by 山羊 at 15:23Comments(0)ソープカービング

2017年11月22日

一週間 テリャテリャテリャ・・・

先週の1週間はもの凄く濃い週でした。
以下、ムダに長いです。

13日月曜日
地元美唄市の人材開発センターで
ソープカービング講座2日目でした。
カービングと言っても2日目は石鹸は使うけど
カービングは「しない」内容です。



1日目でカービングを覚えて、お家にある石鹸を使おう!
と目論んでいた生徒さんが多数であろう・・・と予想し
ここでがっかりしない為に、彫れない石鹸の使い道としてソープアートにしました。


<見本のちのめん花のソープアート>
昨年もこれにお正月飾りをつけて沢山作りました。
専用のコテが無くても花びらに自由に反りを付けられ
生地を替えることでいろいろ楽しめる
そして材料を地元で揃えられると言うことで喜んで頂けました。
石鹸は・・・・あくまでもついでになってしまいますけどね。

14日火曜日
岩見沢南小学校PTA行事のソープカービング講座でした
20名のみなさんに参加頂き、プチベリィと生協の石鹸で
ハンドバックをナイフと彫刻刀を使って作って頂きました。
もはやプチベリィの入手は難しくなってしまいましたが
生協の石鹸ならいつでも入手出来ますので、冬休みの工作に向けて
親子で沢山作ってくれるのではないかと思います。

12時ぴったりで終了し、その後は新千歳空港へ向かい大阪へ
ピーチがお安く手に入ったもので手荷物だけで飛んでいきました。

15日水曜日
いつもお世話になってる大阪のマスターソープさんの工場見学!!!



厳重な衛生管理のもと、上下かぶり物で被い
掃除機のようなもので全身吸い取られて出陣です。
ちょうど黄色のタンポポ石鹸が生産されてるところでした。
工場の機械をたとえて言うなら、パン捏ね機・ミートチョッパー・パスタマシーン・真空引きパック
どれもあまり使ってないのが我が家にあるんですよねぇ・・・・・
おまけに材料の石鹸素地・MPソープ・グリセリン・酸化チタン・酸化鉄・エッセンシャルオイル
インド産の藍や確か茜にアルコールもあるし、その他諸々
と、工場見学をしながら頭の中は妄想で膨らんでいたのでした。
いや 膨らんだだけで すぐに萎ませましたけどね(笑)
でもいつか石鹸クズの成形に試したいですね 

終了後はまたもやピーチで成田経由東京へ
本州に渡ってしまえば、まっすぐも寄り道もたいして変わりないし。

そのピーチの中で夕飯用のおにぎりを待合いのイスに
置いてきたことに気がつきました~(泣) 

同行した方から、おにぎりを当たり前のようにひとつ恵んで頂きましたけどね(笑)

16日木曜日
午前中はイーストサイド東京に行って資材調達
と言っても手荷物で飛行機に乗り込むのでビビたるものですが。
お昼は信濃町のタイ料理で・・と思ったら行列で断念
第二候補の中華屋さんでエビと卵焼きのチリソースを!
大好物のエビと卵の組み合わせで超幸せ~
だけど量が多くて、後半は泣きながら頂きました←年寄り腹

そして鬼丸先生のカービングスタジオSの作品展に行って来ました~



2年前の作品展にも見学させて頂いたのですが
これは何度お邪魔しても勉強になります。
何より作者様と直にお話するチャンスがあるので
思わず どうやって留めてるの?この色はどうやって?どんな順番で?
聞いてみて へぇ~・ほ~・まさか?まじですか?びっくりの連発でした。
おまけに体験までちゃっかり受けちゃいました
基本的に独学だし、充分資格がありますよね えへっ
などと言いながら座って、先生にこの先わかりませんどうするんですか?
と教え方を学ばせて頂きました ←えっ嫌なヤツ?
担当の先生のお話がとても丁寧で・・・・
自分、ここまで丁寧に説明出来ていたのかなと振り返ってしまいました。
貴重な体験の席をひとつ占領させて頂きましたが
けっして冷やかしなどではなく、少し違う角度で勉強させて頂きました。

時間が過ぎるのはなんと早いこと、帰る時間を15分過ぎてしまい
予定のバスに乗り遅れ、次の便にも遅れそうで全力疾走しました~
成田から予定のジェットスターに無事に乗れましたけどね。

でも私もどうかしていたというか、またまた忘れ物
新千歳空港のトイレにリュック型バックを置いて出てきてしまい
さすがに背中が軽いのですぐに引き返して手元に戻りました。

空港近くの駐車場に留めていた車は全体が凍り付いてガチガチ
北海道に帰ってきたんだと実感
家路に着くまでにも雪が徐々に増して・・・・
北海道だもの こうじゃなくちゃ!と吠えたり(笑)
夜11時にもなるのに会社に寄って、留守中に社長がダウンさせたPCを直しに・・・
しかし保険関係のパスワードにロックをかけられていて玉砕
どんなけデタラメなパスワード入れたんだか・・・・・(^_^;)

17日金曜日
滝川市のリブラーンでのカービング3回講座の2日目
この日はコスモスのアレンジメントです。



みなさんソープカービングは今回初めての参加で
2回目でもうアレンジメントなんですよ
出来るかな~



出来ました~ 3個入りのやさしい植物せっけんシリーズ(マックス)を使って5~6輪作りました。
花芯には小さな黄色いビーズを盛っています。

そして終了後・・・・



なんと私の車のメーターがこんな数字になりました。
美唄に帰る途中で20万㎞を超えてしまいました
さすがトヨタの車・・・・て 訳じゃないけどね(笑)
来春車検が切れる5月までには入れ替えたいと思ってます。
それまで頑張れ 私の車! (22日現在は20万と300㎞です)

18日土曜日
いつものイーアス札幌MANABIYA教室の日
体験のお二人を交えてのレッスンでした。

日曜日は寝て曜日・・・のつもりでしたが
夫の寝具買いに岩見沢のニトリへ
ついでにシャトレーゼに寄ってアイス最中も買っちゃった!

年末近くになると予定を月の前半に詰め込むようにしてるので
こんなにギュウギュウになってしまいますが
今週から月末にかけてはゆったり過ごせます
まず会社の机の書類たちを処分せねば・・・・・


予約の空港シャトルバスに乗り遅れたり、チェックイン終了間近で通り抜けたりと
かなりスレスレの行動でしたが、近頃はすっかり慣れて平常心のまま
等と、生徒さんに話したら・・・・
「せんせい いつか乗り遅れますよ!」 と ピシャリ

はい 反省します <(_ _)>  ・・・たぶん ←懲りないヤツ



「長くて途中で嫌になった」と思った方は、ポチっと お願いします。
ポチッ↓ ポチッ↓

にほんブログ村
カービングのバナーをクリックするとブログ村のランキングに投票されます。
札幌のフルーツカービング教室 札幌のソープカービング教室 旭川のフルーツ・ソープカービング教室
札幌 旭川 岩見沢 美唄 奈井江 砂川 滝川 深川 教室開講中









  


Posted by 山羊 at 11:50Comments(0)日常いろいろ

2017年11月13日

士別市なにいろマルシェでびっくりポン

12日の日曜日は士別市のなにいろマルシェに参加してきました。

中級の中頃をレッスン中の生徒さんが、マルシェ関係者に依頼され
「やってみようかな」で引き受けてきたのですが
やはり何もかも初めてで何をどうして良いのか、と言うので
私もお手伝いさんで参加することになりました。

士別市・・・・・遠いです。
旭川市のまだまだ先で、ぐっとロシアに近づきますね(笑)
美唄から往復260㎞走りましたよ
前日は旭川教室だったので、交通費を考えたら泊まるのも同じなので
ちゃっかり前泊での参加です。しかも雪降ってたし。

そしてこの士別市で驚くことが起きましたわよ!
開場と同時にお客様がなだれ込み
カービングの前をスルー・・・・するのではなく
集まるわ 売れるわ で大変な事になりました。

商品はL字型テーブルに並び切れないほどあり
画像はおいおい撮ろうと目論んでいたら
どんどん売れていき、気がついたらお昼で
この時点でかなりの数が出てしまい
第2群として並びきれなかった商品を全部ならべても
少しスカスカ感がある程でした。

私はきっと暇(すみません)だから実演でもと用意していましたが
そんな彫ってる暇などなく、包装に大忙しでした。



終了間際のテーブルの状態です  スカスカ
生徒さんたちが持ち寄った全商品数は100以上あり
帰りの荷物が少なくなってとっても楽でした(笑)

札幌ドームでも同じような数値でしたが
大都市の札幌であるのと期間も2日間ありましたから
それを考えると最果て・・・・ではないけど近くて、過疎傾向
そして1日しかありませんでしたから、士別は凄かったと言うことです。

旭川から駆けつけてくれた生徒さんの言葉も凄かった!
「士別に着いたら、人がまったく歩いてなくてビックリ」
「いったいみんな何処に行っちゃったの?」
「本当に人がいない どうして?」
「なのに会場には人が居るって????」

旭川も都会ですからねぇ そう思うのも無理はありません。
私の美唄もそうです。休日の昼間なのにメイン通りは
ゴーストタウン化しています。北海道の町なんてどこでもそうなのです。
もっとも車で移動するから人は歩かないのです。

さて、今回売れた要因について分析してみました。
まず士別市という土地柄ですかね ←どんな?(笑)
・グラス作品が多かったので、テーブルクロスは濃い色を使ったことで
 グラスが良く映えて、作品映りが良かったこと
・ラッピングは極力せずにむき出し状態で展示したので、香りで誘えたこと
・石鹸クズで作った香り袋が好評で、スルーであろう客さんも誘えたこと
・価格をお手ごろ価格を意識して作成したこと

また札幌ドームとのお客様層の違いもあったと思います。
ドームには自信でもハンドメイドしていて、目新しい物を探しに来た方が多く
いかに自分のハンドメイドにプラス出来るか・・・・ですね
今回は新しい物を探しに来ても、作品を欲しい方が多かったと思います。

季節柄クリスマス商品も揃えたのですが、これも傾向がありました。
ツリーやリースは人気がありましたが、ポインセチアは売れませんでした~
そして価格帯も札幌ドームと同じボーダーラインがあり
高くてギフトっぽいのは出ませんでしたね。
やはりギフト的なのは、母の日商戦かと思います。

ご近所のお店では、アームウォーマーが良く売れてました
極寒の士別では必需品なのだと思います(笑)
そして消しゴムハンコ屋さんもずっとお客さんが絶えずに居ました。
10~15分で名前入りのハンコを作ってくれるのです。
仕事が速いキレイ可愛いが揃って凄い方でした。

売れた作品 売れなかった作品
いろいろな思いが交差する販売会でした。
季節やニーズを予想するのは難しい事ですが
何事も勉強ですから、すべてを自分の肥やしにしましょう。

最後に、自分で引き受けたことだからと
士別の生徒さんは半数近くの作品を作ってきました
中級さんであれだけ沢山作ってくるとは予想もしていませんでした。
本当に感服いたしました。
アレンジメントに関しては、もう上級さん以上の出来です(笑)
これからの休日はゆっくりお過ごし下さい。お疲れ様でした。

「少し参考になったかも」と感じましたら、ポチっと お願いします。
ポチッ↓ ポチッ↓

にほんブログ村
カービングのバナーをクリックするとブログ村のランキングに投票されます。
札幌のフルーツカービング教室 札幌のソープカービング教室 旭川のフルーツ・ソープカービング教室
札幌 旭川 岩見沢 美唄 奈井江 砂川 滝川 深川 教室開講中








  


Posted by 山羊 at 15:07Comments(0)ソープカービング

2017年11月06日

ドライアジサイをプリザーブド風加工

庭に咲いていたアジサイをプリザーブド風に加工しようという記事です。
もう3回目くらいになるかと思うのですが
生徒さんたちの中で、何度トライしても出来ない!と言う方もいるので
もう一度説明することにしました。

2年前に掲載した記事も併せてお読み下さい。
多少行程が違ってるかも知れないけど 
(^_^;) ←もしもし 

【材料 ドライアジサイ】
(アジサイ・アナベル・カシワバアジサイ等)
秋に肉厚になったアジサイを干してカラカラになったのを使います。
寒くなって水色から緑へ変色したり、赤紫に変色した頃が採取のベスト
干しておくと1日でドライになります。
アナベルは夏の白から緑に変わったところがベスト
干してクシャっとしたのは使えません。

【脱色・染色の材料と道具】
キッチン用漂白剤(100均可) グリセリン(薬局で購入)
100均のプリンター用補充インク(シアン・イエロー・マゼンダ)
1~2リットル広口容器・チャック付きポリ袋Lサイズ
ボール&ザル 新聞紙 割り箸 エプロン
漂白剤や染色には割り箸を使います、またはポリ手袋を使ったり。
作業は必ずエプロンをしましょう。

【下準備】
ドライアジサイを水に漬けておいて、柔らかく戻しておきます
(広口容器に詰め込んでいくので崩れないようにです)

広口容器にアジサイを詰めて水をこの容器の肩ぐらいまで入れ
後はキッチン用漂白剤を容器いっぱいになるまで入れました。
かき混ぜません!このままにして置きます。



たぶんキッチン用漂白剤は約5倍に薄めて使ったことになるかと
今回は月曜日の夕方からスタートです。



火曜日の夕方、退社時間ですね (^o^)
この段階では下の方がうっすらと白くなってきました。
でも、まだ中はかき混ぜません。



水曜の午前中頃かな
下半分くらいが白くなりました。
ここで中のアジサイを取り出し、上下を入れ替えます。
上に白いアジサイが来るようにします。
この容器で言えば、ちょうど肩のあたりくらいまで液が減りますので
またキッチン用漂白剤をいっぱいになるまで足してあげます。
この時も中はかき混ぜません!
(夜中に白くなるんですよ・きっと小人さんが出てきて白くしてくれるのかも)



木曜の午前中頃になると全体が白っぽくなりますが
まだまだ真っ白とは言えないので、このまま続投です。
そしてかき混ぜません!
黒く見えるのは茎や葉が混ざって入ってるところです。



たぶん金曜日の午前中頃だと(笑)
良い感じに真っ白になりました、丸い印のところが葉のところでした
この部分も前日と比べると白くなりましたね。

もう取り出しましょう。



実は2瓶で作ってました。
中を取りだしてみると、中には白くなりきってないのもあります。
白くなったのを取り出して、ボールの水に漬けておきます
まだ色が付いてるのは容器に戻して脱色を続けます。
脱色液をかき混ぜて泡が出るならそのまま使います。
泡も出なかったり、茶色になっていたら漂白能力が足りないので
キッチン用漂白剤を足してあげます。
残りも半日~1日置くと真っ白になり、先に取り出したのと一緒に
ボールの水でサラサラと洗剤分を落とします。

【染色】



袋に直接プリンター液を入れて調色し
グリセリン液をキャップに1~3杯ほど入れます
(大きな房4輪くらいの染色で3杯・2輪なら2杯位かな)
水で薄めません。アジサイが含んでる水分で充分です。




ザルで水気を切ったアジサイを入れてチャックを閉め
上下を返しながら全体に色を回します。
このまま袋を寝かせて2~3日



途中で1日1回くらいはひっくり返して、染色液を回してあげます。
(日曜なのに会社に来てひっくり返しました)



まる1週間経ちました。
染色液はすっぱり捨てましょう!
ザルに上げて、ボールでサラサラと2~3回水を変えて洗います。
しつこいですがサラサラですからね(^_-)-☆

【乾燥】



新聞紙を5枚くらい重ねて、染色したアジサイを広げて乾かします。
実はグリーンとブルーにも染色してました。
午前中に作業開始しましたので、退社時間の時に1度ひっくり返しています。



乾燥開始から丸1日以上過ぎました
天気も良かったのでほぼ乾燥終了です。


※ 脱色・染色・乾燥の時間は材料の種類によっても差が出てきます。
  アナベルのように薄い素材は時間も短く
  大きなアルプスアジサイなどは肉厚な素材は時間も掛かります。


【生徒さんから寄せられた失敗例】
・ドライにするとシワクチャになってしまう ←夏に採取したからです
・漂白剤なら何でも良いと思って洗濯用のを使ったけど白くならなかった。
・面倒なので原液で漂白して、ちょっと出かけてたら溶けてしまった。
・出来上がりがベタベタする。 ←グリセリンの入れ過ぎです。
・出来上がったけど、石鹸に色が移る ←最後の濯ぎが足りない
・洗ったら色が全部落ちた。 ←染色液に1日しか漬けてないから
・染色したのに出来上がりが全然色が付かない。←水洗いし過ぎ
・出来上がりがカラカラになってしまった。←これも洗い過ぎ
・手に色がついて、洗っても取れない。←素手でするからです
・着ていた服の色が取れた・汚れた。 ←エプロンして下さい

などなど・・・・です。
殆どの場合、説明を良く読んでいないか
面倒で「まっいいっか」で行程をすっ飛ばして失敗してるパターンです。
しつこいくらいにキッチン用漂白剤って言ってるのに~(T_T)
手に色がつくなんて・・・・・もう論外のクレームですってば(T_T)

でもでも 失敗しながら成功まで持っていけば
正しい行程は忘れることはないと思うので
失敗して成功しましょう。

いきなり成功すると次は失敗しますよ~(^_-)-☆

では 収穫してドライにしたアジサイ加工 頑張って下さいね


「ホントにホントに勉強になりました!」と思ったらポチっと押しなさい!←もう命令調です
ポチッ↓ ポチッ↓

にほんブログ村
カービングのバナーをクリックするとブログ村のランキングに投票されます。
札幌のフルーツカービング教室 札幌のソープカービング教室 旭川のフルーツ・ソープカービング教室
札幌 旭川 岩見沢 美唄 奈井江 砂川 滝川 深川 教室開講中











  


Posted by 山羊 at 18:22Comments(0)花材作り・アジサイ

2017年11月02日

心がけは「寒冷地仕様」

ありがたいことに、生徒さんが問題を投げかけてくれるので
ブログネタに尽きることがありません(笑)

少し前に本州の先生がとても参考になる本を出されたので
生徒さんに紹介しました・・・・・・が
本を購入した生徒さんから・・・・・
「カットしてくっつけるのは、したこないので作りたいです」
はいはい、持ってる本見て自分で挑戦してね
「カット出来ませ~ん」
はいっ?
「石鹸が悪いんでしょうか?」「先日の石鹸はいつ仕入れたんですか?」
「石鹸の消費期限ってどれくらいですか?」
はいっ? えっ? もしかして 私が悪いの? (^_^;)

どうやら本と同じように石鹸をカット出来なくて進めない らしい。

生徒の皆さんは何か大事なことを忘れているのではないでしょうか
固形石鹸は本来、体を洗うものです
私たちのような彫るという目的の為に作られた訳ではありません
でもその中でも彫りやすそうな石鹸に目星をつけて提供しています
当たりはずれ絶対あります と言うのが前提です
そして生徒さんたちは何処に住んでいますか?
夏は30℃以上冬は氷点下10℃以下と年間で40℃も差がある地域です
原材料が油で出来ている石鹸が本州と同じに扱える訳がありません!
冬はスーパーのオリーブオイルが白く固まってる地域ですよ(笑)
でも私たちは両極端なところに住んでるのですから
その中で暮らしの知恵というのを身につけてるハズです。

9月~6月は、面倒がらずに素直にレンチンしてからカットしましょ!
(1個のままなら500~600W・10秒で人肌)



と言うわけで、ステージ型をまねっこして作ってみました。
出張教室に行くとレンチンは出来ませんので、室温17℃でカット
(室温と言っても夜中の事務所は無人で火の気もないので冷えてます)
切り口はキレイには出来ませんでした。
それはそれで望むところ、レンチン出来ないのが前提ですから
出来ないなら出来ないなりに工夫すれば良いだけのことです。
楕円の抜き型も持ってないので、別の方法でとこちらの都合に合わせて
あれはこうしてああしてと、似て非なるものか同じと判断されるのかは疑問。



はっきり言ってツリーがデカ過ぎでした!
ステージに合わせるなら、ツリーだけでも4本は出来るかも
石鹸1個からステージとツリー3~4本出来るなら、大変お得です。



牛乳石鹸の「自然派せっけん米ぬか」でも作ってみました。
ナチュラルな色が好きで使いましたが、これにピカピカは合いませんね(笑)


私だから出来る ではなく 
本を持ってる生徒さんは、まずは挑戦してみて下さい。

ツリーの方はご指導させていただきます。


「少し参考になったかも」と感じましたら、ポチっと お願いします。
ポチッ↓ ポチッ↓

にほんブログ村
カービングのバナーをクリックするとブログ村のランキングに投票されます。
札幌のフルーツカービング教室 札幌のソープカービング教室 旭川のフルーツ・ソープカービング教室
札幌 旭川 岩見沢 美唄 奈井江 砂川 滝川 深川 教室開講中





  


Posted by 山羊 at 01:00Comments(0)ソープカービング

2017年11月01日

11月の予定

クリスマスに向けて今年入った生徒さんに
彫刻刀を使ったツリーを紹介しています。
そしてデザインコースの生徒さんには
クリスマスにちなんだデザインを興してみて・・・・
と 課題を出しのですが、たたき台がないと・・とおっしゃるので
じゃあこの簡単なデザインの中心を取っ払って
ここに何か作ってみて・・・・・

「せんせ~ 彫刻刀あったら貸して下さい」

えっ・・・・ないけど (^_^;)

どうやら、ツリー=彫刻刀 のようで あれれれっ

そうかぁ 私も彫刻刀以外の立体の木は彫って無いかも
まだまだ指導不足と実感しました。

上級さん以上がツリーを彫る
彫刻刀はもう忘れましょう
と言ってもワケわからんですよね
ツリーは何?もみの木を使われてるのが殆どで
もみの木は針葉樹で枝の先がほんの少し跳ね上がってます
そう言われても どうやって?ですよね(笑)
そんな時は、スマホでクリスマスツリーのイラストを検索しましょう。
ナイフで表現できそうなのを見つけ
まずは絵に描いてみましょう。←自分で分かる絵なら良いのです
絵に描けたら、頭の中のイメージはバッチリ!
実際に彫ってみましょう。




こちらは中級さんに向けてのツリーです。

えっ 画像に載せたら ずるいかな (^o^)




私も立体ツリーは彫刻刀以外は作ってなかったので
絵に描いてイメージを作りました、
いやいやツリーどころか、柊まで彫刻刀使ってたし(笑)
ナミナミ使った葉では柊にならないじゃん!と気が付いて
改めてナイフで彫るのに考えてみました。 (^_^;)
しかもベルはお寺の鐘の形しか思い浮かばないしで
あんな当たり前の形が思いだせない記憶障害かよってぐらい。

生徒のみなさん 
スマホ・タブレット・PCの検索を活用しましょうね(^_-)-☆


11月の予定です。(11月25日更新)

事務所レッスン
11月 6日(月曜)満席になりました
11月20日(月曜)満席になりました
11月22日(水曜)午後1時半始まり 残り1席
11月22日(水曜)午後5時半始まり 空いてます
11月27日(月曜)満席になりました

赤文字の通院日は母ので、私の予定がなければ送迎で留守になります。




12月の予定






「少し参考になったかも」と感じましたら、ポチっと お願いします。
ポチッ↓ ポチッ↓

にほんブログ村
カービングのバナーをクリックするとブログ村のランキングに投票されます。
札幌のフルーツカービング教室 札幌のソープカービング教室 旭川のフルーツ・ソープカービング教室
札幌 旭川 岩見沢 美唄 奈井江 砂川 滝川 深川 教室開講中