さぽろぐ

  暮らし・住まい  |  その他北海道

ログインヘルプ


2007年10月18日

カービングナイフのクリーム

カービングナイフのクリーム

ナイフ用のクリームを作ってみました

野菜や果物に使っても良いように食用のひまわり油を使ってます

レシピ 食用ひまわり油(オレインリッチ)   9g
     晒しミツロウ              1.5g

    耐熱容器に材料を入れてレンジでチンか湯煎で溶かし混ぜ
    リップケースに流し込むだけです

    溶かす耐熱容器は片口がついたおちょこみたいな物が便利です
    容器は100均のリップグロスのです 中身をそっくり捨てて容器だけ使いました 


主に普及版のカービングナイフを使ってるのですが
細かな彫りはやはり古典ナイフが良いらしく・・・と言うことが最近実感しまして
古典ナイフの出番も今ごろですが多くなってきました
そこでいつも疑問に思うのがナイフのお手入れです
ナイフを水洗いした後は薄くオイルを塗った方が良い・・・・と 確か聞いたような
でもオイルと言っても工場にあるグリスって事はないですよね ←大缶で沢山あるけど
やはり食用油とか・・・・・でも
いつでも自分の家のキッチンでってわけじゃないし

って事で 食用油を固めてサクっと持ちあるけるようにしました

で 使ってみて・・・指でつけると刃で切れそうで怖い・・・・ ←ガサツな性格だから

なぜリップスティックタイプにしなかったのか作ってから疑問に思います ←おバカ

ちなみに市販のリップクリームはミネラルオイル(鉱物油)配合なので ちょっとねぇ
(グリスと同じじゃんか)
でもソープ用のナイフなら関係ないのか 

よそ様ではいったいどうしてるのでしょうか?


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(ソープカービング)の記事画像
彫刻刀1本あればお正月飾り
動画のテキストを作ってみました
そんな気はしてたけど、当たった!
体験デザインをちょいと加工
夜間教室
もう昔の事です・・・・
同じカテゴリー(ソープカービング)の記事
 彫刻刀1本あればお正月飾り (2020-12-31 12:23)
 動画のテキストを作ってみました (2020-12-21 17:40)
 そんな気はしてたけど、当たった! (2020-12-19 17:58)
 体験デザインをちょいと加工 (2020-12-03 18:56)
 夜間教室 (2020-12-02 15:28)
 もう昔の事です・・・・ (2020-11-28 12:08)

この記事へのコメント
山羊さん、はじめまして。しゃんぷーと申します。
インターネットでカービングナイフを検索していたら、こちらのブログにたどり着きましたので、これも何かのご縁だと思いコメントさせていただきました。
私は趣味の範囲が広く、雑貨や手作りモノが大好きなんですが、先日本屋さんでソープカービングの本を見つけ、作品の美しさに一目惚れしてしまい、(これは、私の新しい趣味に加えるしかない!)と思ってしまいました。
山羊さんのブログを拝見して思ったのですが、もしかしたらソープカービングの先生でいらっしゃるんですか?
今後、いろいろ参考にさせていただきたいと思いますので、よろしければお付き合いのほど、お願い申し上げます。
私もブログを開設しているんですが、現在就職活動中で、なかなか更新出来ずにいます。お時間があったら、ぜひ覗きに来て下さい!
Posted by しゃんぷー at 2007年10月23日 21:36
>しゃんぷーさん

はじめまして しゃんぷーさん  こちらこそ宜しくお願いします

そうですか あの本を見つけられましたか 
それはもうカービングナイフを手に入れるしかありませんね

あの本の動画がありますが ↓ もうご覧になりましたか?

http://www.nihonbungeisha.co.jp/soapcarving/index.html

この動画を見ながらぜひカービングをはじめて見て下さい

私は「先生なの?」と聞かれれば うーん 「微妙」って感じです(笑)
まわりには教室もカービング仲間もいなかったので
私自身がカービングを継続出来る環境を求めた結果
教えながら自分もたくさん勉強して行こうとなりました
でも生徒さんの方が優秀で徐々に追いつかれて来ていますね σ(^◇^;)

それでもブログを通してカービング経験者の方から助言をいただいたり
実際にお会いして技術を学んだりさせて頂き なんとか今日まで至ってます

近くにカービング教室がなくても全国にはちょこちょこと一人で彫ってる方がいますので
しゃんぷーさんもきっと出来るようになりますよ

先ほどしゃんぷーさんのブログを拝見させて頂きました
バラの花がいっぱいで羨ましい~ 美しく開花したバラから
しんゃんぷーさんの愛情が伝わってきますね
特に「粉粧楼」と「シャルロット」が可愛いです 最近この丸い花姿のバラが気になってます

ちなみに洋裁の型紙をautoCADで作ろうと試みましたが
線一本も引けず玉砕した人です σ(^◇^;)

これからも宜しくおつきあい下さいね 
Posted by 山羊 at 2007年10月24日 11:09
こんにちは。
3度目の書き込みです。

教えていただいた「お手本の本」をゲットし、半分位作ってみました。

出来るだけ上級者用のを探して(ウフツ)。

でも、「できる」と、「綺麗にできる」では、全然違いますね・・・。

私の作品は、バラの花びらがいびつになったり、厚さが平均でなかったり・・・(汗)

まぁ、地道に頑張っていこうと思っています。


所で、カービングナイフにオイルを塗っておくと良いというのは、初めて聞きました。
ミツロウで、固めるとはとってもナイスアイデア・・・。でもミツロウ持ってないし、どこで買おう・・・。

スーパーで、簡単に手に入るモノで代用できるといいんですけどね・・・。

リップスティックで代用できたら・・・パーフェクトですね。
でも、私のナイフは、野菜とソープ兼用だしな・・・・。

プロの方々は、どうされているんでしょうね・・・。
Posted by ピー at 2007年10月24日 11:56
>ピーさん

こんにちは ピーさん

「出来る」「綺麗に出来る」 そうですね それは私もよく思いますよ
で 同じ物を数個作ると大きさや形が揃わなかったりします
ベビーシューズをカービングされてるのを見た事がありますが
左右同じに作れるのを尊敬してみてました

それと技術を凝縮した作品が必ずしも貰い手の胸キュンになるとは限らず
単純なバラの方が喜ばれたりで あれれれ?と言う事もありますよね(笑)

古典ナイフを譲って貰う時に水洗いや研いだ後はオイルをと言われたような記憶なんですが
実際に水洗いして放置していたら翌日には変色していました
でも全然切れない古典ナイフも持っているんですが、それは水洗いしても
研いでも変色はしませんね
きっと刃の材質が違うのでしょうね だから必ずオイルを塗っておくとも限らないかもです

ミツロウは地域によっては入手しづらいですね 
私のところもまったく売ってません
なので最初から通販に頼ってます 普通にクリームやリップクリームにも使うし
都市の方でしたら「生活の木」などで 30g単位で売っていたかも・・・・

他にオイルを固める材料で近場であるのはお菓子材料コーナーにある
ココアバター(カカオバター)です これもクリームやリップに使います
ホワイトチョコのような色で手作りチョコの材料として使わてれます
ナイフ用ではなくヒマワリ油とココアバターで作ったリップクリームは最高ですよ
ナイフ用にも考えましたがココアバターはチョコの風味と甘い香りがあるので
ナイフには無味無臭にしたくてミツロウを使いました
それが気にならなければココアバターで作っても良いと思います
Posted by 山羊 at 2007年10月25日 20:31
はじめまして。
すみません、お聞きしたいことがあります。
山羊さんのカービングナイフはどこで購入したのですか?
みどりのナイフがとてもかわいいなと思い、書き込みをしました。
Posted by aka at 2008年01月18日 00:43
>akaさん

こんにちは akaさん

グリーンのカービングナイフは東京の教室の単発講習に参加した時に譲っていだいた物です
ただ常時販売されてるのかは・・・未確認です
他に同じナイフをタイのマリサで学ばれてる方が帰国する時に買ってきて貰った物も持っています
これも未確認ですがマリサで推奨してる・・・・ナイフなのかも知れません
とてもよく切れて刃のしなりも良く使いやすいです

別件でタイからの通販で購入した古典ナイフも持ってるのですが、それとは切れ味が雲泥の差ほどありました
2種類を比べて見ただけでも質の善し悪しが分かるほどです

ナイフを購入するなら実際にカービングをする方から購入するのが一番だと感じました
Posted by 山羊 at 2008年01月18日 01:42