さぽろぐ

  暮らし・住まい  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2013年03月18日

アンティーク風ソープバスケット

昨年10月の日本タイカービング協会主催のコンテスト会場で
MIKKEさんの手作り2層石鹸を購入していました。
購入当初はまだ少し柔らかいかなぁと言う感じだったのと
彫ってみたかったお花があったので、大事に寝かせて置きました。

やっとそのお花の季節に近づいてきたので彫りました。



彫ってみたかったのは2色のチューリップでした。 (^_-)-☆

白い部分を小さくしてと思ったのですが、遠目で見ると目立たないことに気が付き
やはり白い部分はそのまま残した方が、花びらの先の透感が可愛らしく映ります。
アンティーク風で落ち着いた雰囲気になりました。(ウルトラピンク使用)

会場でこの石鹸を手に取った時に、私の脳裏には
チューリップや小薔薇が絶対可愛いだろうなぁと思ったのです。
レリーフじゃないところが、あまのじゃくでしょうか(笑)

正方形の石鹸を9等分しております。


器も石鹸の色味に合わせて、昔懐かしのソープバスケットを作りました。



リボンではなく布包みです。仮止めにパールピン使用中 ←リボンを通すのが面臭かった



パールピンを虫ピンに代えて出来上がりです。 ←パールピンが勿体ないもん
虫ピンの頭には白のマニキュアをぬりぬり ベージュのマニキュアがなくて残念です。
持ち手は20番ワイヤーに両面テープと綿レースを巻いてます。



ブルーは小薔薇にしました。実際のお色はもう少し薄いブルーで白地が可愛いですよ。



従来のサテンリボンのバスケットよりも、生成のチュールレースの方が
我が家には落ち着つくように思います。

えっ もしかして 私も家も年季入ったって こと? Σ( ̄▼ ̄;)

ソープバスケットには彫れない石鹸の消費にいかがでしょうか。 グッド!ならポチっと(^_-)ネッ 
ポチッ ↓  ポチッ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カービングへ
にほんブログ村

固くて彫れない石鹸ではなく、彫るには微妙な石鹸が使えます。
最低でもパールピンや虫ピンが刺さらないとダメです。
それと石鹸の厚みより針が長い場合は、真っすく刺すと突き抜けて危ないので
突き抜けないように、斜め方向に刺していきます。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(ソープカービング)の記事画像
骨密度ハンパない
初級さんのバレンタインギフト
ポインセチアから桜
新年のごあいさつ
エンジンスターター
今年買って良かった物~その2
同じカテゴリー(ソープカービング)の記事
 骨密度ハンパない (2018-01-18 04:25)
 初級さんのバレンタインギフト (2018-01-12 11:34)
 ポインセチアから桜 (2018-01-10 11:53)
 新年のごあいさつ (2018-01-02 13:37)
 エンジンスターター (2017-12-24 04:38)
 今年買って良かった物~その2 (2017-12-22 19:01)

この記事へのコメント
山羊さんらしさが出ていて素敵な作品ですねぇ~
いつもアイデアが素晴らしい(石鹸の花かごは思いつきませんでした)
二層のソープ、私もN先生からお土産で頂きました
もったいなくて。。。。まだ使えずにおります
(貧乏性がたたり。。。結局固くなってしまう事が多々あります)

未だにダイヤの原石をもらったような大事な石鹸ですが
そろそろ。。。。挑戦してみようかしら。。。
でも、でも。。。。悩むわぁ~
Posted by 大福 at 2013年03月18日 15:54
>大福さん

>もったいなくて。。。。まだ使えずにおります

プロなんですから 時期を逃さないようにね!
って いつも自分自身に言い聞かせてますけどね(笑)

でもさすがにレリーフなら表面は極薄く削ってからですね。
その替わり裏面は処理しなくても反りが出ることはないと思います。
切り出しならまだまだOKですよ。

>でも、でも。。。。悩むわぁ~

ぷぷぷぷぷっ・・・・
つまり レリーフで失敗したら 後がない って事かしら
9等分してお花は7個しかないってところに
私の答えがあります。(笑) ←あんたもかいっ

バスケットのチュールレースはサンキで調達しました。
1mで2個作れますよ。(フリルと持ち手は別)
Posted by 山羊 at 2013年03月19日 10:59
素敵ですね^^
どんな石鹸で作ったのか石鹸の原型を見てみたかったです^^ソープバスケットもとっても素敵で山羊先生の
アイディアはいつもすごいなぁ~~!可愛いなぁ~と
関心させられております^^
これからも素敵な作品を見せてくださいね^^
Posted by takekata at 2013年03月19日 17:38
>takekataさん

ありがとうございます。

単にリボン掛けの順番が覚えられなくて、ラクしたい一心の
苦肉の策とも言えるバスケットです (笑)

石鹸は上3mmの厚さで白地になってる石鹸で
カメオ風のレリーフを彫るのに最適な石鹸なんですよ。
Posted by 山羊山羊 at 2013年03月20日 01:21
山羊さんブログ、やっと探し当ててたどり着きました。

フラワーバスケット、生成りが良いですね。
我が家にも合いそうな気がします。
来月がたのしみになってきましたよ。
昔私が作った、フラワーバスケットとは、素材が違いますね。
かなり昔に作ったのは、虫ピンとリボンだけでした。
これは古い石鹸の整理にもなりますね。

先生、PM1:30コースの生徒は非常にうるさい生徒ですみません。
またよろしくお願い致します。
Posted by メーテル at 2013年03月23日 09:12
>メーテルさん

メーテルさん 無事にたどり着けて何よりです(笑)

一世を風靡したソープバスケットでしたが
あの頃の世の中は高度成長期だったのかな(私は小学生)
ハデハデのデザインでしたよね。
今は田舎臭さというか、素材を生かしたデザインが受けそうなので
生成レースがしっくり馴染むかと思います。

来月も賑やかに楽しみましょうね(^_-)-☆

私はこの時間楽しいよ (笑)
Posted by 山羊 at 2013年03月25日 17:12
あれ? その頃小学生?

ちょっとサバ読み過ぎました~ (´・人・`)
Posted by 山羊 at 2013年03月25日 17:28
ソープバスケットって全然知らない…けど、ウイスキーの瓶にオレンジの毛糸で髪の毛作って人形風に仕立てる、あの時代でしょうか?
それとかキューピーちゃんにレース編みみたいな服を着せたのとか。
それだったらおばあちゃんちで見たことある…。
Posted by yu-rayu-ra at 2013年03月25日 20:27
>yu-raさん

おばあちゃんち・・・・ですか Σ( ̄▼ ̄;)

私は母が作っていたのを見ていました (笑)
ウイスキーの瓶は、本当に小学生だったと思います!!!!
Posted by 山羊 at 2013年03月26日 00:04