さぽろぐ

  暮らし・住まい  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2018年06月30日

キジトラのみゃあ君

保護した当初は24時間鳴きっぱなしだった仔猫も
今では殆ど寝てるか遊んでるかで
何か要求する時だけ「みゃあ」とひと鳴きだけ
つぶれた声も少しだけ高い声に戻ってきたかな

名前がないと姿が見えなくなった時に探しづらいので
仮名として「みゃあ君」と呼んでます。



私のカービング用のイスを占領して ヘソてん
気持ちよさそうに寝てると、ついお腹をワシワシとしてしまいます
喉もグルグルと鳴ってるので、待ってました!なのかな。

さて 実はだんだん困ったことが起きてきました。
やきもちを焼きだしたのです。
みゃあ君のお世話をしてると、ワンコの杏樹が
抱っこしてと訴え・・・・ ←普段触られるのが嫌なワンコ
杏樹を抱っこしてると、みゃあ君が足元でみゃあと訴え
仕方なく2匹を抱っこして・・・・
会社ではまったく仕事になりませんよ!!!

抱っこしてる時は2匹とも背中合わせで
お互いに背中越しに「後ろじゃまっ!」と言ってる感じ。

家に帰れば、今度はウサギのピコたろうが
ケージ越しにピッピッとオシッコを飛ばして大変
1m以上は飛んでくるので、雑巾が手放せませ~ん(>_<)

母ちゃんという生き物は、平等に育ててるので
やきもちを焼かれるのは、とっても困るのです。

父ちゃん(男)という生き物は、やきもちを焼かれるのが好き
でも現状はやいて貰えなくて寂しい思いもしてるのです。
(やかれたら、それを弄びたいだけなんだろうけど)


みゃあ君と一緒にいられるのも後1日
杏樹の食欲も落ちてきてるので
平穏を望む気持ちが大きいです。


ところで・・・・・
こんな仔猫でもいっちょまえにスカしっぺもします。

臭い・・・・・・(>_<)


「少し参考になったかも」と感じましたら、ポチっと お願いします。
ポチッ↓ ポチッ↓

にほんブログ村
カービングのバナーをクリックするとブログ村のランキングに投票されます。
札幌のフルーツカービング教室 札幌のソープカービング教室 旭川のフルーツ・ソープカービング教室
札幌 旭川 岩見沢 美唄 奈井江 砂川 滝川 深川 教室開講中


  


Posted by 山羊 at 12:29Comments(0)日常いろいろ